MENU

睡眠動機作用疾患群

眠り関係作用変調群
むずむず脚症候群(RLS)という、流れ性四肢作用変調(PLMD)の2シリーズの事柄に別けられますが、足に症状が現れる事で不眠症を引き起こしてしまう。

 

ルネスタ,通販,購入,効果,副作用,市販,即日,睡眠薬

 

むずむず脚症候群(RLS)

寝る前に、足がむずむずする事でイライラしてしまい、寝付きが悪くなったり決める。

 

事柄には個人差がありますが、「チクチクといったさされたような疼痛を足に感じる」「足の皮膚の下に虫がいるようなむずむずした感覚」「足に違和感がありイライラして仕舞う」「足の中央がほてる」などの事柄が現れます。

 

安静時や就寝前に症状が現れる結果、不眠症を起こしてしまうのです。

 

流れ性四肢作用変調(PLMD)

寝ている最中に足が動いてしまう事柄だ。ピクピクとした能率が繰り返され、1時程度で100回程はたらく事もあります。

 

高齢になるほど発症パーセンテージが高くなってあり、60年代を超えるといった約30百分比の方に発症してある。

 

原因は不明ですが、睡眠中にこういう事柄が起こる事で、奥深い良質な睡眠をとることが出来ず、疲弊がたまってしまう。

 

睡眠時随伴症群
睡眠時随伴症群には、様々な事柄がありますが、どれも睡眠中に起きる事柄だ。

 

事柄としては、「夢遊病」「金縛り」「寝言」「歯ぎしり」「悪夢変調」「レム眠り足取り変調」「晩驚症」などです。

 

寝言や歯ぎしりなど、自分では気付かないケースも手広く、自然治癒始める場合も多くあります。

 

ルネスタ窓口へ